ジュメーラ – TOYOTA86・SUBAU BRZ のイベント企画、パーツ開発・製造・販売

火曜日はREVスピード岡山ですが・・・・・

2012.10.27

火曜日は、REVスピード岡山ですが、今回はスケジュールがどうしても合わず「意のままプロジェクト」走行はお休みです・・・・・・

この良い季節に走らせたかったのですが次回にお預け。
気温も下がってタイム上がるでしょうね!

最近情報が出回ってきた、86のメンテナンスモード「86の整備モード」ですが、真夏の岡山でのテストデータを少々お話します。

「意のままプロジェクト」エーキューブ86 1号車の下記仕様で岡山国際をボタン長押しカットモードと86メンテナンスモード「整備モード」で走り比べたデジスパイスのデータ↓↓

o0800030212256622126

ドライバーはいつもの塚本さん{通称:つかポン)ではなく、ヴィッツ西日本シリーズチャンピオンの桜谷選手!

コメントを少々
・長押しカットモードではイメージと違う挙動がある感じ(2コーナー)
・86メンテナンスモード「整備モード」こちらの方がイメージに近い挙動をする感じ
整備モードの方がいいと思うとの事でした。

帰ってデジスパイスデータをチェックしてみると岡山国際の前半セクション(奥のヘアピン)までは、整備モードが速く、後半セクションはほとんど変わらない。

86整備モードで走っている、ダブルヘアピンでの挙動をみていてもスムーズに走っているようにみえるんですが実際はすこし流れすぎているのかもしれません。。

岡山国際ではタイムあまりかわらない感じでした。

整備モードで走るメリットは?ってかんがえるとこんな感じかな・・

・タイヤサイズが255の太いタイヤ
・大口径ブレーキ・ガッリ効くブレーキパット
・固めの足回り
・メーカーが設定した、VSC/ABSの仕様と乖離したセッティングされた車両
・幅の広いグリップの良いタイヤをキッチリブレーキ踏めてスライドコントロールもキッチリ出来るドライバー向き

ゲームの裏技を知った時のように、整備モード試したいと思う気分になるとおもいますが、もし走行するときは十分車の挙動に気をつけて運転してください。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

2017年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031